Brand History of “WAY-OUT”

 

1969 : “国際的生活着“を目指す “WAY-OUT ブランドの開発に着手し、

            商標登録する。

1972 : “WAY-OUT ブランドを基幹ブランドとし、インポート商品との

           セレクトショップ業態Nac’s自由が丘で展開し、爆発的な売上げと百貨店及び

            専門店への卸売り、及びODMビジネスを確立する。

1977 : 三宮でフランチャイズ1号店をスタートし、年3~5店舗のペースで多店舗化

1981 : 原辰徳(現巨人軍監督)が入団会見で”WAY-OUTのトレーナーを着用して

          記者会見を行なった為、新聞、テレビニュースで取り上げられ大反響となる。 

    スポーツ選手やタモリなどの私物着用でのPR効果により認知度が向上する。 

1981 : 対米輸出をスタートし、New York 事務所を開設する。 Paul Stuart,                           Nordstrom, Abercrombie & Fitch,Neiman Marcus, Carol, At Easy など

           著名専門店へ展開する。

1982 : ファミリー展開を図るBeing Together” ブランドの開発に着手し、自由が丘に

           旗艦店を開店

1985 : “WAY=OUT ブランドの直営店+FC店(35店舗)+ 百貨店コーナー+専門店               卸の合計売上100億円

1986 : “WAY-OUT SPORT ブランドをスタートし、新宿伊勢丹でコーナー展開を

            スタートする。

1989 : “WAY=OUT ブランドのリニューアルを図る

1992 : トラベル・リゾートをコンセプトとするMorning Dew ブランドの展開をスタートする

2014 : ライセンスビジネスでの再構築のプロジェクトに着手する

ブランドについてのお問い合わせは、→ CONTACT